【施述内容】

骨折、脱臼、捻挫、挫傷(肉離れ)などの怪我の治療、肩コリや腰痛などの慢性的な痛みの改善を致します。

 

また、病院(整形外科)のレントゲンでは判断できない症状も問診、検査鑑別し、症状説明を行った上で正常な身体の状態に戻します。

 

 痛み以外にも骨盤矯正、自律神経の乱れ、ダイエット、トレーニングなど身体に関するあらゆるお悩みお応えします。

どこに行っても改善せずお困りの方、お悩みの方は是非ご相談してください。

 

【頸部・肩関節の症状】

 

 

  

● 頭痛・めまい

 

よく頭痛に悩まされたり、仕事や家事の忙しさからめまいが生じると、休息をとったり薬に頼る人が多いと思います。もちろん効果のある方法ではありますが、これは一時的に痛みを緩和しただけであり、根本的な症状解決ではありません。頭痛や、めまいには様々な原因が考えられますが、頭や首の筋肉の硬さをほぐしたり、頚椎の位置を戻すことで頭痛やめまいが解消されるケースは少なくないです。薬には頼らず治したい方は、お気軽にご相談ください。

 

 

● 寝違え

 

寝違いとは、朝起きたら急な首の痛みでしばらく動かせない状態のことをいいます。

湿布を貼り終わらせる方が多いと思いますが、決して軽視せず当院に来院することをお勧めします。首には大切な神経が多く通っているので、症状を悪化させて生活に支障が出てしまう前に治療していきましょう。

 

 

● 四十肩・五十肩

 

肩が急に上がらなくなったり、安静にしていても痛みが出てきたら四十肩・五十肩かもしれません。歳を重ねると、身体に不自由を感じることが多くなりますが、原因は単に加齢だけでなく運動不足や姿勢など様々な要素があります。当院では検査鑑別でピンポイントの原因を突き止め、1日でも早く改善出来るように施術していきます。

 

 

● 慢性的な首、肩のコリ・痛み 詳しい解説はコチラから

 

日本人は首、肩コリの持病は当たり前と考えていませんか?マッサージなどで対処的に痛みを緩和させて、また症状が出て来てもしょうがないと諦めていませんか?もっと根本的な治療を試してみてください。姿勢や身体の歪みなどが要因の一つだと考えられますので、患部だけではなく身体全体のチェックが必要となる場合が多いです。持病だと諦めずに身体のお悩みにしっかりと寄り添える治療院をお選びください。当院では痛みの改善の為に局所も広い範囲もしっかり施術していきます。

 

 

● 野球肩、イップスなどのスローイング障害 詳しい解説はコチラから

  

繰り返し投げるという行為は、身体にとってストレスが加わる動きになりやすく、野球肩やイップス症状などの含めたスローイング障害を引き起こします。治療中によくお話することですが、手技で特定の筋肉を緩めることで全体の50%、もう半分の50%はフォームの改善です。当院では手技とフォームの改善を実際にボールを使用し院内でキャッチボールを行うことで、早期のグランド復帰をサポートさせて頂きます。

 

 

● むちうち症(交通事故)  詳しい解説はコチラから

 

交通事故など強い衝撃が頸部に加わっておこる症状です。身体の痛みだけではなく、酷い場合は吐き気・怠さ・頭痛・めまいなど辛い症状まで出てくるケースもあります。衝撃を受けてから時間が経てば経つ程完治までに時間がかかってしまいますので事故に遭ってしまわれたら早めにご来院ください。

 

※ 交通事故治療についてはこちらから

 


【腰・股関節の症状】

 

 

● 椎間板ヘルニア 脊柱管狭窄症  詳しい解説はコチラから

 

背骨と背骨の間の軟骨を椎間板と言います。この椎間板が神経に向かって飛び出し、神経を圧迫することにより痛みやしびれを引き起こす症状を椎間板ヘルニアと呼ばれています。また背骨の中にある大切な神経の通り道である脊柱管が狭まり、神経を絞扼した状態を脊柱管狭窄症と言います。どちらも老化や加齢で起こりやすくなりますが、全てが年齢が原因で諦めるのではなく、改善が期待できます。当院では患部や姿勢の改善を目的とした最新の電機治療器や手技療法により症状を改善していきます。

 

 

● ぎっくり腰 詳しい解説はコチラから

 

急に身体を動かした時や重い荷物を持った時に起こるぎっくり腰。寒い時期は筋肉が固まりやすいので特に注意が必要です。酷い時には中にはクシャミをしただけでぎっくり腰になる方もいらっしゃいます。当院では治療だけではなく、普段の生活の中で気をつける姿勢や身体の使い方の指導も行います。

 

 

● 慢性的な腰痛 詳しい解説はコチラから

 

激しい動きの多いスポーツ選手に限らず、立ち仕事やデスクワークが多い方でも起こる慢性的な腰痛。現在多くの方が腰痛に悩まされていると思いますが、姿勢を見直しましょう姿勢が悪い方は特に、背中と腰の筋肉に負担がかかります。強い痛みを出やすいですし、治りにくくなります。痛みを引き起こす筋肉や骨盤、背骨の治療、あるいは姿勢や身体の使い方を正し、持病の腰痛を改善していきましょう。

 

   

● グローインペイン 詳しい解説はコチラから

 

アスリートにおける鼠径部周辺の痛みの総称です。グローインペイン症候群とも呼びます。繰り返しの動作によって股関節周辺の薄い筋肉や股関節自体に無理なストレスがかかり起こります。グローインペインは原因を改善しなくては、休んだとしても再びスポーツを再開しても、すぐに痛みが再発してしまいます。よって根本的な原因となる筋肉や姿勢、身体の使い方を見直し、本当の意味でのスポーツ復帰が必要となります。

 

 

 

【膝・下腿・足の症状】

 

 

● 変形性膝関節症 詳しい解説はコチラから

 

膝関節の中の軟骨が老化や加齢によって磨り減り、関節自体が変形した状態をそう呼びます。歩くだけで痛みが出ることが多く、人によっては安静にしていても痛みがある場合もあり湿布のみの処置や、電気だけの治療など簡単なリハビリ(厳密に言うとリハビリとも呼べないもの)などで済ませてしまっている人が多いことも事実です放置してしまうと最終的には手術適応に至るので、そうなる前に当院で身体の機能改善をし、関節への無理なストレスを改善していくことをお勧めします。

 

 

● 成長期の関節障害

 

成長期の関節には成長骨端軟骨と呼ばれる軟骨があり、その軟骨が成長し大きくなることで身長が伸び、身体が大きくなります。その時期の軟骨は非常に脆く繊細なので、スポーツにおいての繰り返しの動作関節へのピンポイントな過剰のストレスによって関節障害へ移行していきます。大人になっても痛みが残る場合もあり、この先も患部と上手に付き合っていかなくてはいけない状態に陥る前早めにご来院ください。

 

 

● スポーツによる故障(障害)  詳しい解説はコチラから

 

スポーツ現場での不意なアクシデントは付き物です。気をつけていても怪我はするもの。ただしスポーツ障害は急に起こることは少なく、誤ったフォームで繰り返し行われた動作によって患部にストレスがかかり起こります。つまり痛みが(炎症が)引くまで休ませるだけでは復帰したとしてもすぐに痛みが出たり、前回よりもさらに状態を悪化させてしまうケースも少なくありません。患部だけでなく、身体の使い方や筋肉のバランス、あるいは筋力をチェックして復帰できる環境が必要となります。当院では1日でも早く回復できるように、手技と最新の電気治療機器を組み合わせた施術を提供すると共に、怪我の予防に繋がる身体のメンテナンス方法のご紹介、併せてトレーニング指導も行います。また患者さまお一人おひとりの状態に合わせた治療から現場復帰までの流れを考えたプログラムを作成して治療致しますので安心して頼りにしてください

 

 

● 膝・下腿・足の外傷 {捻挫、打撲、骨折、肉離れ(挫傷)}  詳しい解説はコチラから

 

怪我の治療=病院(整形外科)のイメージの方が多いですが、病院(整形外科)のレントゲンはあくまで判断材料の1つです。当院では問診と触診や各種テスト法を毎回必ず行い、患者さまに症状をヒアリングしながら治療を進めます。特に下肢の外傷は起こりやすく、放置すると治りも悪く日常生活にも支障が出てしまいます。外傷は手技をメインとする接骨院(柔道整復師)が得意とする分野であり、基本的に保険が適応されます。

 

【肘・手首・指の症状】

 

 

 

● 野球肘(ゴルフ肘)・テニス肘・腱鞘炎・バネ指 詳しい解説はコチラから

 

スポーツや日常において使い過ぎることにより肘・手首・指の障害が起こります。上記の症状は使い過ぎた結果の1つです。なぜこれらの関節に無理なストレスが加わるか患部だけでなく全身のチェックをして、身体の問題を把握していきます。姿勢が悪いことにより起こる肘・手首・指への余計な負担を改善する為には、患部の治療+全身の調整が必要です。また手は毎日使用するので中々安静することは難しいので、正しい手の使い方の指導、日常生活動作の見直しも行います。特に腱鞘炎は産後の女性がホルモンバランスの崩れによって発症しやすい悩みの1つで、当院ではキッズズペースもあり多くの産後の女性が来院され、安心して治療を受けられますまた希望があれば産後の骨盤矯正も行います。産後の骨盤の歪みや何か骨格でお悩みがある方お気軽にご相談ください。

 

● 手先のしびれ・腕全体のしびれ

 

手先のしびれや腕全体のしびれは身体のどこかで神経の絞扼がありその場所が原因で症状として出現していきます。単にしびれの場所に湿布を貼ったり、患部に電気のみの治療だけでは中々改善していきません。まずはその絞扼がどの場所が原因で起こっているのかを丁寧に問診や検査鑑別をして調べていきます。またしびれが起こりやすい身体の使い方や姿勢など気をつけていくポイントもしっかりとお伝えしていきます。

 

 

● 肘・手関節・指の外傷 {捻挫、打撲、骨折、肉離れ(挫傷)}

 

上記の膝・下腿・足の外傷でも書いて繰り返しの内容になりますが、怪我の治療=病院(整形外科)のイメージの方が多いです。病院(整形外科)でのレントゲンはあくまで判断材料の1つであり、当院では問診と触診や各種テスト法を毎回必ず行い患者さまに症状を聞きながら治療を進めていきます。上肢の外傷は手をよく使う分、なかなか安静にできずに治癒期間が長引いてしますケースがよくあります日常生活に支障が出てしまう前に、正しい炎症の抑え方や固定法で患部を早期回復へと向かう様に処置していきます。外傷は手技をメインとする接骨院(柔道整復師)が得意とする分野であり、基本的に保険が適応されます。