ハンドメイド インソールについて

(スマホのタップで拡大OK!)

インソールとは  インソールとはシューズの特殊なクッション性の中敷。  スポーツ選手の場合は競技力の向上やスポーツ障害の改善を、一般の方の場合は足関節や膝関節の障害による痛みの改善と予防を、それぞれのシーンで高い効果が期待出来ます。  検査を行い、おひとりお一人にあった自分だけのインソールを作成致します。
病態とインソール  シンスプリント・アキレス腱炎・コンパートメント症候群・足底筋膜炎・有痛性外脛骨・疲労骨折などの下腿・足部の障害は一般の診療でもスポーツ障害でも多くみられる疾患です。  特に、ランニング等で起こる下腿・足部の障害は、足部に扁平足やハイアーチなどの構造的な問題を抱えているケースが多くみられます。   これらの足部の構造的な問題は、電気などの痛み止め、テーピングだけでは一時的な効果しかなく、長期的にはインソールで構造的な問題を補助することが下腿・足部の障害の改善に大きな効果を出します。
なぜ、オーダーメイド インソールを SORBO(ソルボ)で作成するのか?  人工筋肉と呼ばれるソルボのパッドをインソールに使用することで、足部に加わるストレスを劇的に軽減することができます。  また、あなたの持つべき、本来の正しい歩行荷重ラインへ重心線を導くことができます。
足の”4つのアーチ”をインソールで支える意味
インソールをお考えのあなたへ  現在、足関節で苦しんでいる人が多くいます。   怪我や姿勢の影響で足関節に制限が出現すると足の正しい位置に乗ること(足裏へ入力すること)ができず、足関節自体やその他の部位に痛みや痺れなどの症状が出現することが予測されます。   手技だけでは、上手く改善されない場合に役立ってくれるツールは【インソール】です。  治療していて感じることは、手技50%、インソール50%で合わせて100%の治療になることが多いです。
現代人がもっとも退化した部位は「足関節」と言われています。  それは本来裸足で生活していたはずの人類が靴の発明により、足関節が固くなり狂った接地で生活を続けた結果、退化しています。  もっと足関節がFreeになれば、もっと生活が豊かになるはずです。 患者様の多くの足には「もったいない」があり、可能性や伸び代が眠っています。正しい足の接地を導く事で、様々な効果が期待ができます。